かゆいところに手が届く家計簿アプリ

普段の日常生活のなかでは、私は買い物はクレジットカードに寄せています。

でも、たまに現金を使ったり、たまに電子マネー(Suica)を使ったりしています。

で、結果的に、いつの間にか、どこからどれだけ使ったかが分からなくなってしまい、あるときクレジットカードの引き落とし額を見ると、何にこれだけ使ったんだっけ?

という事態に陥ってしまいます。

こんなことを度々繰り返していくうちに、入出金管理をせねばと思い、家計簿アプリを使い始めるのですが、これがなかなか上手く使えるものが見つからない状態でした。

一般的な家計簿は、銀行出金分をうまく管理できない

これまでの家計簿アプリは、クレジットカード・銀行残高をオンライン管理できて、オフラインで使う現金を登録していけばよかったのですが、

これまでのアプリで出来ない致命的なことは、

「銀行ATMで出金した現金」と、「その現金で使った金額」が、きれいに管理できないということです。

具体的には、銀行ATMから出金した金額と、その出金した現金から使った金額が、ダブルでマイナスされてしまう、という点です。

このことがあって、完全には自動的にはできない、もしくは、差し引きの手入力が結構面倒になるので、家計簿アプリを使い続けるのをやめてしまっていました。

が、この「かゆい所まで手が届く」アプリがようやく見つかりました。

「かゆいところに手が届く」家計簿アプリ

Moneyforwardという家計簿アプリです。

家計簿マネーフォワード-自動連携で簡単 人気の無料家計簿 - Money Forward, Inc.
[iTunes]
iOS: 家計簿マネーフォワード
Android: 家計簿マネーフォワード

こちらは、クレジットカード・銀行の入出金は、オンライン管理で全部自動化されているのは今どきは当たり前の水準といえます。

で、このアプリの秀逸なところは、出勤した銀行のお金を、現金でつかった分が、そこから引かれていくという点です。

銀行で出金したおカネのマイナス分から、現金使いのマイナス分を自動的に相殺していってくれます。

ちなみに過去に、「マネーツリー」という家計簿アプリをブログで紹介していましたが、このアプリは、この機能はありませんでした。

使い方でこれだけのメリットがある

よって、このアプリを使うことで、以下の利用がすべて管理されます。

  • 銀行入金&出金
  • 出金した分からの現金使い
    ・クレジットカード支払い

これを使って、自分の出費の原因を探れると思います。

ちなみに私は、毎日の自動販売機の飲料代でした。。。

最後に、、、

ちなみに、今時点、有効に管理できていないのは、交通系電子マネー(Suica)の利用です。

これだけは、Moneyforwardと、モバイルSuicaとしての連携があるようですが、私は理由があってSuica付きのViewカードを使っているため、この機能を使うことはできませんが、

モバイルSuicaを使っている人にとっては、このアプリでほぼ完璧な家計管理ができると思います!

家計簿マネーフォワード-自動連携で簡単 人気の無料家計簿 - Money Forward, Inc.
[iTunes]
iOS: 家計簿マネーフォワード
Android: 家計簿マネーフォワード