コンパクトキーボードの決定版 ~エンターキーが大きい~

仕事・プライベートを問わず、外出先でキーボードを打つ人は多いのではないでしょうか。

たとえば、会社のセミナーで、講師の話を聞きながらその場でレポートを作成するとか、

たとえば、ちょっと週末の小旅行で、旅先でいい雰囲気の喫茶店に立ち寄ってブログを書いてみるとか。

もちろん、スマホのフリック入力でも問題ない場合も多いでしょうが、それはSNSの投稿くらいまでだと思います。

やはり長い文章を書くときは、打ちやすいキーボードがあれば圧倒的に効率的です。

ノートパソコンはどうしてもかさばる

ですが、そんなとき、

超軽量なノートパソコンを持っている人なら普通にカバンに入れていけば問題ないでしょうが、1kgを超えるノートパソコンを持っている人は、さすがに重いと思います。

なので、スマホとコンパクトなキーボードがあればいいのに思うことになるのではないでしょうか。

もちろん私もその一人です。

そして、画面に相当するタブレットは、iPhoneもiPadも持っていますので困らないのですが、コンパクトなキーボードだけが、なかなか自分の手に合うものが見つかりませんでした。

ちなみに、これだ! と思ったけど結局は失敗した過去を紹介しておきます。

そして、このブログで記した気づきから、ついに、コンパクトでも違和感なく打てるコンパクトキーボードが見つけました!

それがこちらです。

やはり「Enterキー」のサイズがすべてだった

このキーボード、折りたたみ式になっていまして、畳んだ状態だと、スマホと比較するとこれくらいのサイズです。

カバンのなかに入れていても全然気になりません。

ちなみに広げたときのスマホサイズの比較だとこんな感じです。

つまりは、普段で使うノートパソコンとあまり変わらないキーボードのサイズとなります。

私がいつも使っているノートパソコンは、ThinkPadのA4サイズですが、キーボード部分を並べてみると、ほとんど変わらないことが分かります。

なので、コンパクトキーボードを購入すると、始めは慣れるまでの期間が必要なのですが、それも殆ど必要ありません。

そして極めつけは、「Enterキー」のサイズです。

キーボードのサイズが、普段遣いのノートPCのキーボードサイズと同じくらい、というのはよくありますが、

結局は、この「Enterキー」の形・サイズでないと、最後に小指でEnterを叩くときに、いつもの感覚で打てないのです。

が、このサイズであれば、本当にほぼ普段使いのPCのとおりのキータッチが実現できます。

なので、コンパクトキーボードに、幾度となく挑戦しては失敗している人には、このキーボードは本当にオススメです!

是非、試してみてください!