コンパクトシュレッダーがあると生活が変わる

年齢も30代に入ってくると、郵便物のなかには、おカネに関わるセキュリティの高いものが結構増えてくると思います。

20代とかだと、自分の住所が載ったくらいの封筒や紙といっても、おカネに直結するようなものではなかたり、せいぜいクレジットカード関連の書類だったと思います。

それくらいだと、そのまま捨てていましたし、おカネの数字が載っているものについては、専用のハサミで切ったり、手で破いた捨てていたりしていました。

ハサミや手では限界

ただ、その数も増えてきて、更には「生命保険」とか「年金」とか「税金証明」の書類も増えてくるとなると、

さすがにハサミでは時間がかかり過ぎます。また、手で破るには、どうしても雑な破りかたとなってしまうため、セキュリティレベルが高い書類に関してやるには危険すぎます。

よって、しばらくは、費用をかけずに裁断したいと思い、会社のシュレッダーを利用するようにしていました。

自宅の郵便ポストで受け取った重要種類を、次の日の朝に会社のカバンに入れて、オフィスでシュレッダーをかけるというやり方です。

会社に捨てるために持って行くのもヤバい

が、その郵便物を受け取る頻度が増えてきたり、かさばるものが来た時、会社に持って行くには大きくて面倒になってきます。

更に言うなら、セキュリティ的にヤバい紙を、捨てるためだけに会社に持って行くには、面倒とかいう以前に、危険です。

というわけで、これ以上は限界、ということで自宅用に電動シュレッダーを買うことにしました。

実際に買ったのはこちらです。

アコ・ブランズ・ジャパン GBC マイクロカットシュレッダー (A4サイズ/CD・カードカット対応) GSHA11M-B(ブラック) -

圧倒的に便利・快適

これ、とても便利です。値段も8000円弱なのですが、紙を自分で切る労力を考えると、この電動シュレッダーの価格は十分に見合います。

サイズ的にも、一人暮らしの部屋でも場所をとらない、ちょうどよいコンパクトなサイズです。置く場所に困りません。iPad Air との比較してみてこんなサイズ感です。

※高さ

20160815_231838033_iOS_640.jpg

※横幅

20160815_231958207_iOS_640.jpg

写真でも実際に裁断したあとの紙がありますが、このシュレッダー、オフィスにあるようなシュレッダーのレベルで裁断してくれますので、そのままゴミ箱に捨てるで全然問題ありません。

ハサミで切っていたり手で破ったりしてると、時間も使うし、労力も使うし、そして完全に裁断できてないわけですが、シュレッダーだと、時間ゼロ、労力ゼロ、セキュリティは完璧です。

このサイズ・価格で、これが実現できて、本当にコスパのいい一台です。

あると本当に使い倒せて、これまでの労力は何だったのだろう、という感想です。

生活が一変するレベルの便利グッズのひとつでした!