洗濯の生乾きのにおい&黒カビの予防策 ~最もシンプルな方法~

一人暮らしを始めると、洗濯でいずれ直面するのが、洗っても取れない生乾きのにおいです。

たいてい一人暮らしだと、その日の脱いだ衣類は、そのまま洗濯機へ入れてしまいます。

そして洗濯槽が服でいい具合に埋まってくると洗濯する、というサイクルをまわします。

このサイクルが一番効率的です。

ただ、それを繰り返していくと、だんだんと生乾きの臭いがタオルや服から出るようになってきます。。。

においが出てから取る方法

この臭いは、もちろんワイドハイターといった漂白剤を使うことで、臭いが出てから取ることはできます。

【大容量】ワイドハイターEXパワー 衣料用漂白剤 液体 本体 1000ml -
ワイドハイター

ただ、暑い時期になってくると、ワイドハイターをしょっちゅう使わなければいけないのと、

洗濯槽そのものに対して発生するカビを取り除くために、カビキラーなども使わなければならいので、結構面倒になってきます。

また、下手をすると、臭いだけではなくて、衣類にカビがついてしまいます。

ワイシャツで、黒い点がついていて取れない経験がある人もいるのではないでしょうか。

それが黒カビです。

まずは乾かすのが一番

そんな悩みを解決してくれる便利グッズは、脱いだらそのまま洗濯機へ、という「生活の効率性」を阻害してしまいますが、洗濯かごとなります。

その目的は、洗濯槽に入れる前に乾かすとういものです。

洗濯槽に直接衣類をいれていくやり方だと、衣服だけではなく、タオルなども入れていきます。結果、洗濯槽のなかは湿度が上がっていきます。

その湿度に、汗や皮脂が混じると、あっという間に菌・カビが繁殖してしまいます。

ですが、先に乾かしてしまえばそれはなくなります!

私も、社会人になりたての頃は、ちゃんと洗濯して、洗濯槽もカビ取りをしているのに、ワイシャツから臭いが出たり、黒い斑点ができる理由が、どうしても分かりませんでした。

が、あるとき、クリーニング屋のお婆ちゃんが教えてくれました。「先に乾かす」が何より大事と。

それ以来、洗濯かごを購入して、洗濯機に服を入れるまえに乾かすようにしています。

結果、におい発生頻度は落ちましたし、黒カビが衣服につくこともなくなりました!

買うべき洗濯かごはこんなもの

洗濯かごは、「乾かす」必要があるので、単純に衣類が入ればいいものではもちろんありません。

通気性を上げる必要あります。よって、アミアミのかごであることが重要です。

バケツのようなタイプだと、結局は洗濯層と同じで、そこで菌・カビが発生してしまいます。

こんな単純なことをするだけで、随分と洗濯物のにおい・黒カビから解放されます。

面倒とは思わずに、洗濯かごをひとつ用意しておいてはいかがでしょうか。