読書で線を引くのに便利な、細くて携帯性のあるシャーペン

社会人をやっていると、読書や資格試験の勉強時間を、電車のなかの通勤時間を充てることにしている人も多いと思います。

そこで、文章に線を引いたり、メモを書く人もいると思います。

そんなとき、通常サイズのシャーペンを使うのであれば、、そこそこサイズのある大きな本であれば、気にならないでしょうが、文庫本や新書サイズとなると、本が膨らんだりして不便です。

そんなことに悩んでいた時に、本屋で見つけたのがこちらです。

71Ld2J5bqOL._SL1500_.jpg
パイロット バーディ スイッチ

このPILOTのシャーペンであれば、そんなことが全然気にならなくなります。

実際の文庫本に挟んでみるとこれくらいのサイズ感です。本の膨らみもほとんど気にならなくなります。

ちなみにこのシャーペンは、キャップ側にボールペンがついています。

私は普段、筆箱を持ち歩かないので、読書用の本に挟んであるこのシャーペンで、いきなり書類に何か書かなくてはいけなくなったときなど重宝しています。

通勤時のカバンのなかの本のお供に、メモ用ペンとしてオススメです!

71Ld2J5bqOL._SL1500_.jpg
パイロット バーディ スイッチ