置き場所に困らない長い靴ベラ

一人暮らしをしていても、靴の数は増えてくるものです。

スーツの会社勤めだと、革靴は最低でも2足はいると思います。私は3足あります。「黒」「こげ茶」「茶」です。

加えて、週末にはく靴も、普段用のスニーカー×1と、どこかへ出かける用×1。そして近所にちょっと出て買い物のするときのスリッパ×1。

はい、この時点で、ぜんぶで6足が玄関に出ている状態となりました。

そしてこれらは玄関に出しっぱなしになります。まんべんなく履くので、仕舞ってしまうほではないからです。

靴ベラのために傘立て?

さてそうなると、靴ベラをどこに置くか、ということになります。

その前にひとつ言っておきたいのが、靴ベラは少しは長いほうが便利です。

どこかのお店で経験されたことがある人はいると思いますが、腰をかがめずに靴ベラを使えると本当に便利です。

ただ、これを買おうとすると、下駄箱のうえに寝かせて置くわけにもいかず、そうなると傘立てを買うか、、、ということになります。

が、傘立は一人暮らしだと不要です。傘はどこか引っ掛けることができるところがあれば十分だからです。

そうなると、靴ベラのための傘立てを買うなど、あり得ません。

では、長い靴べらのために、専用の靴ベラ立てがついているやつを買うか、ということになるのですが、

そうなると結局、玄関のスペースをこの靴ベラ立てが占有することになり、それがなくても靴が多くて困っているのに、余計にゴチャゴチャしてしいます。

こんなことを考えていると、やはり靴ベラを置くところが思いつかず、購入を断念してきました。

マグネット付き、という発想

こんな悩みをずっと持っていたとき、たまたまとあるお店で発見したのが『マグネット付の靴べら』でした。


ワイピーシー マグネット付き靴べら ホワイト 50cm -

ワイピーシー マグネット付き靴べら

これを見つけたときは、正直にいって、目からウロコでした。なんて便利なアイテムがこの世にあるのだろう、と。

一人暮らしで住むような家のドアは、ほとんどマグネットがつく素材です。

しかも私の場合は、鍵の置き場所でマグネットを使っているので、くっつくことは分かっていましたから、速攻で購入しました。

ドアに貼りつけたイメージ

こんな感じでドアにくっつけることができます!

iPhone-2015.02.22-20.09.03.000 (1)_320.jpg

これで、玄関のスペースを犠牲にせずに済みました!

玄関の狭さで靴ベラの購入を悩まれている人にとって、この靴ベラは、価値ある便利グッズのひとつだと思います!