軽くて丈夫なブックカバー(文庫本サイズ)

本をよく買う人なら、本屋でもらうブックカバーではなくて、ちゃんとしたブックカバーをほしいと思ったことがあるのではないでしょうか。

とはいえ、世間一般的なブックカバーは「皮」が多いです。

これ、かさばったり、見た目のゴツゴツ感があったりしてスマートではない印象があります。そしてなにより重いです。

通勤時間などで、ずっと本を持っていると、ちょっとした重さが結構な重さに感じてしまいます。

そんな「重さ」というデメリットがあるので、私は長らくブックカバーには手を出さずに、本屋でつけてくれる紙のブックカバーでよしとしてきました。

最高に軽い「和紙」ブックカバーがある

そんなことに多少の悩みを持っていた私ですが、

このほど完全解決といえるブックカバーを見つけました。

それがこちらです。

なんとこのブックカバーの素材は「和紙」なのです。

水をはじく加工がされていたり、引っ張っても破れることはなく、小学生の頃に習字で使っていたような和紙では全然ありません。

メーカーのサイトで、その特徴を見ることができます。

メーカーサイト:SIWA

実際に使ってみて、、、

この和紙のブックカバー、実際に使ってみて、説明にあるとおり丈夫です。

そもそも買ってから触ってみると分かるのですが、「破れる」というようなものですらありません。

そして何より、皮のブックカバーに比べると全然厚みがなく、軽いです。

通勤時の読書で、本屋のカバーは嫌だけど、皮カバーを使うには手がだるい、という人には最高のブックカバーだと思います!

ブックカバーをつけて読書をする人には、ぜひ使ってみて欲しい便利アイテムです!