鍵の置き場所はここしかない

普段の持ち物のなかで、置き場所が何となく決まっているものは多いと思います。

携帯電話、定期券、財布、鍵。

これらの置き場所は、カバンの中に入れっぱなしであったり、テーブルの上であったりと、何となく決まっていますよね。

ただ「何となく」だから、人生で何度となく置き場所を忘れてしまうことがあったことでしょう。

見失うとなかなか出てこないもの…鍵

これらのなかで、スマホ・定期券・財布は、もしカバンのなかに見つからなくて探したとしても、結構かんたんに見つかります。

サイズがあるため、ベッドの枕の下か、布団に埋もれているか、昨日のズボンのポケットのなかか、ソファの座布団の下、のいずれかであっても見つけやすいです。

ただ、鍵の場合はそうはいかないと思います。

鍵は、クルマを持っていれば大きめのキーホルダーにまとめるため、見失うことはないと思いますが、

そうでなければ、あの小さな鍵を単品で持っている状態になります。

もしくは、せいぜいキーホルダーを付けているだけだと思います。

そうなると、いちど「予想している場所」にない、ということになると、見つけ出すのに結構な時間がかかってしまうのではないでしょうか。

鍵の置く場所が定まらない

というわけで、鍵の置き場所はあらかじめ決めておきたいものです。

が、これがなかなか適当な場所がない。

一人暮らしの1Kなどの賃貸マンションでは、玄関に小物を置く台はありません。

かといって、テーブルの上に置こうにも、そのテーブルは、ごはんを食べたりノートパソコンを開いたりするので鍵を置けるような場所ではありません。

そうなると、仕方なく、本棚やキッチンのちょっとしたスペースに置いたりするのではないでしょうか。

ですが、仕事帰りで、いつもとちょっと違う場所に、無意識においてしまうと、もう翌朝の鍵探しのドタバタは避けられません。

「部屋に持ち込む」と「置く」をやめる

これ、ようは部屋のどこかに置こうとするからいけないのです。

置こうとして、部屋まで持っていくから、たまに場所が変わって分からなくなることがあるのです。

だとすると、部屋にまで持って行かず置かなければいいのです。つまりは、ドアにくっつけてしまえ、ということです。

で、そんなことを実現してくれる便利グッズはこの世にはちゃんとあるもので、まさしくそれ用の商品を発見しました!

こちらです。

MONKEY BUSINESS key Pete(キーピート) レッド 91060 -

くっつく仕組みはマグネットです。ほとんどのドアは、マグネットはくっつきます。

そしてもし鍵の方がマグネットに反応しなかったら、キーホルダーをつければいいのです。

わたしは、自転車と家の鍵の2つを持っていますが、こんなイメージでドアにくっつけています。

iPhone-2015.02.15-02.21.07.000_320.jpg

このおかげで、部屋のどこかに置いてゴチャゴチャすることもなくなれば、鍵を見失って探すのに時間をついやすことが本当にゼロになりました!

オススメの便利アイテムです!