バスタオルは持たない生活がシンプルでよい

本日から新年度の始まりです。電車のなかで新社会人を見かけて、とても新鮮な気持ちになりました。

ちなみに私は、社会人になってから一人暮らしを始めましたが、新社会人の頃を振返ってみて、果たして今の自分と比べて、日常生活で何が変わっただろう、ということを思ってました。

そこで思い出したのが風呂あがりに体をふくタオルで、バスタオルを使わなくなったということでした。

実家にいた頃は、風呂あがりはバスタオルを使っていましたが、今となっては手ぬぐいタオルのみです。

なぜそうなったかと言いますと、それはバスタオルの利用メリットと洗濯の効率性、ということにあったと思います。

バスタオルは、干すときに通常のハンガーよりも大きなものが必要となります。

また、たたむと結構かさばります。

それなのにバスタオルの利用シーンは風呂あがりに体をふくのみで、それは手ぬぐいサイズのタオルでも十分に実現できます。

そして手ぬぐいタオルは、洗濯後に干すのも楽で、たたんでもかさばりません。

※過去ブログ:【洗濯ストレス】タオル干し用にはむしろ針金ハンガーを使う

こうなると結論として、バスタオルを持つ意味はない、ということになりました。

ちなみに、私はたまに温泉に行くのですが、今ではそこで購入したタオルで家のタオルを補充しています。

ただ、一番はじめにまとめて購入する場合は、下記などを利用するのがいいかと思います。