都会で一人暮らしをしていると、家賃が高いのでクルマを買う、という選択肢はあり得ません。

しかもこのご時世、レンタカーだけではなく、カーシェアも普及してきているので、「所有」よりも「利用」する方が、圧倒的に低コストでクルマに乗ることができます。

そうやってクルマを所有していなくても利用できるのであれば、一人でも友人・同僚を誘っても、クルマを使って外出する機会が増えることと思います。

私は、人数が集まったときであれば、釣りに行ったり、ご当地グルメを食べに行ったりしています。

レンタカー

クルマのなかでスマホが充電できることは必須

で、クルマを利用して外出の頻度が増えてくると、

運転しているときのナビにGoogleMapを使ったり、行き先での写真撮影でスマホを使ってその場でSNSにアップするなどして、一日のうちの至るところでスマホを使う機会が、圧倒的に増えます。

そうなってくると問題になるのが、スマホのバッテリーです。

私はこれを解決するために、クルマのなかでは、シガーソケットでスマホを充電できるカーチャージャーを以前に買ったものがあります。

ただ、この買ったモノは、写真を見てお分かりのとおり、シガーソケットから抜くときに掴むところがないのです。

見た目がコンパクトだったので、いいなと思って買ったものの、実際に使うところで思わぬ不便さに出会ってしまいました。

これ、たびたび何とかならないものかと思いつつ、しばらく使い続けていましたが、いちど買ったものでも、定期的に新商品がないかどうかを確認すべきでした。

実際に探してみると、自分が不便を感じているところをピンポイントでかいけつするようなカーチャージャーが見つかりました。

そのとき「最新」でも、いずれは「古く」なる

それがこちらです。

以前のものと比較すると、違いはこうなります。

違いは、単純につかめる部分が出ているだけです。

でも、これだけで快適さが全然違います。

実際に差してみるとこんな感じになります。

引っこ抜くときに、出っ張っているところをただ掴むだけですので、扱いが本当に楽です。

ちなみに、私が古いカーチャージャーを買ったときは、USBが2ポートあるものでは、この商品はまだ出ていなかったと思います。

というわけで、いちど買って、「これ以上はない」と思うものでも、定期的に同じ商品の最新版がないかをウォッチすることの大切さを学びました。

高速充電&大容量充電が可能

ちなみにこの商品のブランド(Anker)ですが、これを買ったとき、私はまだブランドを知らなかったのですが、この領域ではかなり信頼性のあるメーカーで、技術力も高いようです。

で、その高いAnker独自技術(PowerIQという技術の名称のようです)で、高速充電ができて、しかも容量が必要なiPad も同時に充電できるということで、かなりありがたいです。

実際にクルマのなかで、iPad を充電することは私はないのですが、デジタルカメラの充電なども高速にできるとなると、それはそれでかなりありがたいです。

なので、この商品は、抜き差ししやすいという使いやすさだけでなく、機能面でもレベルの高いものとなっていますので、カーチャージャーを買うなら、このAnkerの商品がオススメです!

おすすめの記事