名刺管理はスマホアプリ以外ではもうやめた方がいい

社会人をやっていると、営業でなくても、名刺交換をする機会はそこそこあると思います。

一回の名刺交換で2~3人分であれば、名刺ケースにそのまま入れたまま、ということが多いのではないでしょうか。

ただ、この「入れたまま」も、数か月すると結構な枚数になってきて、一年もたつと、名刺ケースはパンパンになるのではないでしょうか。

そのとき、たとえば庶務さんがいれば、名刺入れのファイルに整理をする光景をまだ見かけることがあります。

それから、営業担当者でも、自分の名刺用のクリアファイルに入れて、それをめくっているのを見たりします。

名刺探しはたまにしかないから時間がかかる

また、私自身は、あふれた名刺を輪ゴムでとめて、机の引き出しに閉まっていたりします。

これ、二度と連絡しないような人の名刺もかなり混じっていて、探したい人を探すときに時間がかかってしまいます。

そしてなにより、「探す」ことは頻繁にあるのではなく、ふとしたときにそうなってしまうから、余計に探すのに時間がかかってしまったりします。

スマホアプリの威力がすごい

そんな状況は、年に数回しかないので、これを改善しようという気にならなかったのですが、

やはりあらかじめ整理ルールを決めて、適宜整理することが大事だと思います。

これをしておけば、探す時間が大幅に短縮できます。

で、この「整理ルール」ですが、もはやアプリに登録しておけば、ルールすら必要ない状況になる、ということを知りました。

それを知ってから私は名刺管理はアプリ一本です。

私が使っているのがこのアプリになります。

使い方でこれだけのメリットがある

このアプリで名刺を写真撮影して取り込んでおくと、書かれている文字を自動認識して取り込まれていきます。

たまに読み取れないときは、手修正をしましょう。

そしてこれの一番使いやすいところは、PCのブラウザからも確認できるところです。

下記サイトでPCでログインすると、取り込んだ情報を検索できたりします。

CamCardログインサイト

よって、これで、過去にもらったかどうか思い出せないものも、検索で出てこなければ「ない」ので、いたずらに時間を使うことがなくなります。

もちろん、もらっている名刺については、検索でイッパツで出てきます。

この便利なアプリを使うことで、名刺にかかわる作業時間が圧倒的に効率化されますので、ぜひお試しください!