寝る前に読書しても目がさえないKindleのバージョン

私は仕事をするうえで、やはり新しい世間の状況や、新しい考え方を学ぶ必要があると思っていますので、ビジネス書は買って読むようにしています。

ただ、やはり本を買っていくと、本棚があふれてしまうので、電子書籍で買えるものは電子書籍で買うようにしています。

で、端末は、ブルーライトで目が疲れることもあり、iPadなどのタブレットではなく、Kindle端末を使っています。

そしてバックライトがあるものは、寝る前の読書で目がさえてしまうので、バックライトがないKindleを購入しました。

読書をしながら寝落ちしたいときに使えないことが判明

ただ、このKindleはバックライトがないので、明るいところで読書しなければなりません。

そうなると寝る直前の読書シーンでは、電気をつけたまま布団のなかで寝落ちしてしまって、夜中に明るくて目が覚める、という悩みが出てきました。

というわけで、こんなクリップつきの読書灯を購入して、

下のような感じで無理やり装着して本を読んでいたのですが、やはりかなり不便でした。

まず、Kindleに読書灯がプラスされて重いです。

それから、光のあたり加減によっては、反射して読みづらいです。

おまけに、読書灯の電池がきれると、電池を購入しなければならないという不便さもありました。

というわけで再び、目に優しくて暗いところで読める電子書籍端末を探すことにしました。

で、いろいろ探してみたところ、Kindle端末で目に優しい最低限度のバックライトがある Kindle paperwhite を知りました!

寝る前の読書に最適!

早速購入してみたのですが、これが大変便利です。夜のKindleはこんな感じです。

端末の紹介であったとおり、夜に部屋を暗くしてKindleを読んでいても、目が疲れたという実感は感じませんでした。

Kindle paperwhite と、それ以外の端末のブルーライトの含有量の比較表がありましたので、参考までにご確認ください。


出典:Kindle、kobo、7型タブレット…測ってわかった!電子書籍端末のブルーライト量に“大差”

こうしてみると、iPad、Android、AmazonのFireタブレットといったカラーのものは、どうしてもブルーライトを含んでいるので、寝る前の読書端末としてはNGですね。

というわけで、Kindle paperwhiteなら、目もつかれず、そのまま寝落ちしても全然問題ないので、夜の布団のうえで読書時間を充てている人で、Kindle購入を検討している人には、是非ためしてみて欲しいです!