コンパクトキーボードが使えるかどうかは「Enterキー」のサイズが命かも

一人暮らしの賃貸だと、自宅に置くPCは、デスクトップよりもノートパソコンの方が多いのではないかと思います。

で、せっかくのノートパソコンなので、たまに実家に帰るときや、旅行や、セミナーなどに行くときに持ち出して、出先でちょっとした利用をしたいときがあります。

が、自宅用のPCサイズは13インチなどそこそこ大き目サイズだったり、重かったり、バッテリーの時間が持たなかったりすることが多いと思います。

そんなとき、小さなタブレットとコンパクトなキーボードがあれば、どれだけ楽だろうと思うことがあるのではないでしょうか。

Bluetoothキーボードの小さいキーボードは手の隙間が小さい

で、過去にコンパクトなキーボードを購入して試したことがありますが、

どうにも使いにくい。

その原因は、キーピッチが狭すぎて打ち間違いが多いというものでした。

過去に使ったことがあるのはこの商品(↓)です。

ただすべてのサイズが小さくなっただけのキーボードであれば、そもそも使いにくいということが分かりました。

やっと見つけたキーボードもダメ。その理由もハッキリする

で、先日にたまたまLoftに置いてあったキーボードで実際にキーを叩いてみて「これは行ける!」と、思ったのがこのキーボードです。

このキーボード、折りたたむとサイズも本当にコンパクトで、外見にみ惹かれてしまいました!

※折りたたむとこれくらの薄さです

そして人間工学にもとづくというキーボードの種類で、私が仕事で使っている大きなタイプと形は同じで、

実際にキーを押した感じでは、キーピッチもそこそこ広くて使えると思いました。

が、結果的に、家で使ってみると「あれ?」という感じでした。

お店で、「おはようございます」「こんにちは」と入力したときは「使える!」と思ったのですが、

Enterキーをいつもの感じで叩けないのです。

ちなみにEnterキーのサイズはこんな感じです。ワイヤレスのコンパクトキーボードであれば、標準的なサイズのEnterキーですが、、、

このことだけで、全然手になじまないことが分かりました。

というわけで、Enterキーが大きいサイズのコンパクトキーボードを探していきたいと思います!