小さい靴べらはオフィスにひとつ常備しておくべき

暑い季節になってくると、オフィスで自分が履いている靴が暑くて脱ぐ人は多いと思います。

スーツスタイルで革靴を履いていれば、なおのこと、靴のなかが蒸れます。

そして、なにも暑い季節だけではなくて、ちょっと窮屈な靴を買ってしまったときなども、靴を脱いだほうが楽、という人もかなり多いと思います。

で、スリッパをはいたり、席に座っているときは靴下のまま過ごします。

この方が圧倒的に足元が涼しいので。

靴ベラがないと固い靴をはくのが辛い

ただこの場合、今度は靴を履かなければならなくなったときに、ちょっと面倒なのではないかと思います。

やわらかい靴であれば、履くときに問題ないのですが、固い靴の場合、履くときに何もなしに履くのはかなり大変です。

これはなにも革靴でなくともです。ちょと固めのスニーカーなどでも履きづらいというのはあります。

私は、定規などを靴ベラ替わりに使ったこともありました。

コンパクトな靴ベラはひとつ必要

というわけで、オフィスでは靴ベラをひとつ常備しておくのが大事だと思います。

それも、邪魔にならない小さな靴ベラです。

ただ、携帯靴ベラよりは少し大きいくらいのもので、袖机のどこかに引っ掛けたり仕舞えたりするものがいいです。

私はこんな靴ベラを使っています。

オフィスの机ではこんな感じで引っ掛けています。

これくらいのサイズがちょうどいい

これをオフィスに常備しておくと、ちょっと固い靴を履いてきてしまった日や、足元が暑い日など、なんの不便もなく靴を脱いで履くことができます。

ちなみに私は、小さすぎる携帯靴べらは使いづらいと思います。

それに、本当にカバンのなかに入れて携帯するとなると、何となく汚い気もするので、カバンの中には入れてないです。

よって、私は、小さすぎない靴べらで、↓のようなサイズのものを使っています。マウスと同じくらいのサイズですね。

オフィスにひとつ持っておくとかなり使えます!