一人焼肉スタイルは、お店ではなく自宅で完成させるべき

一人暮らし社会の到来ということで、一人でも行ける飲食店やエンターテイメントのサービスが増えてきています。

そのなかの飲食店というカテゴリーで、一人で行きづらい店として焼き肉店があるようです。

私の場合、焼肉については、たまに食べたくなることがありますので、そのときは誰かを誘っていくことが多かったです。

が、よくよく考えてみたら、美味しいお肉と白飯があれば良いわけなのです。

ということなので、これなら自宅でも十分に実現できることに気づきました。

自宅で焼肉ができない理由

で、焼肉をどうして自宅でやらないのかということを考えたときに、次の2つが主な理由だと思います。

・焼けた肉が美味しくない
・煙が出ると、壁や天井が汚れたりするので、賃貸だとやらない方がいい

肉の質はデパートで担保

このひとつめについては、まずは肉の質です。

スーパーで売っている肉だと、どうしても焼き肉店で食べれるような肉はありません。

が、最近になって発見したのですが、地元のスーパーではなく、デパートなどの精肉店にいけば、そこそこ美味しい肉が売っています。

これを利用すれば問題ないと思うようになりました。

煙は、流行の「無煙グリル」を利用する

そして次は、煙による部屋の汚れ、ですが、

これもちょっと前から話題になってきている無煙グリルを使えば問題なさそうです。私が購入したのはこちらです。

こんな感じで、普通に焼肉をしてみました。

「煙が出ない」と言われると、これはあくまで「抑える」というものですね。

そして、鉄板上での焼く場所によっては、普通に煙が出るときもありました。

こんな感じで、鉄板の頂上で肉を焼いて、油が細い溝にうまくつたっていくと煙の発生は抑えられるようです。

なので、焼くのに少しコツが必要となりそうです。

最後にほんの少しのネックは、焼肉のタレです(汗

これは、エバラの焼肉のタレよりは、どこかの焼肉屋で自分が美味しいと思ったタレが売っていたら、それを購入するのがいいと思います!

そのタレと肉で、白飯をがっつり食べれるのは本当に至福のときです!

というわけで、賃貸の自宅でも焼肉はできます!

一人だから、、、と悩むくらいであれば、無煙グリルという便利なアイテムで、家焼肉スタイルを確立するのがいいのと思います!