最近では、自宅のネット環境は、ほとんど無線LANなのではないかと思います。

メインの作業机で使ったり、寝室で使ったり、キッチンで使ったりと、いろんな場所で使用していることと思います。

が、ひとつ、使いづらい場所があるのではないでしょうか。

それが「お風呂のなか」です。

お風呂で、ゆっくりと湯船につかりながらiPad などを見れたらいいなと考えて、防水グッズを揃えたものの、

実際に、お風呂に iPad を持ち込んでみると、無線LANの電波が悪くて、快適な時間を過ごせなかった、という経験の方は多いのではないでしょうか。

お風呂のそばにモデムを置いてみたり・・・

ちなみに私は、お風呂ではニュースサイトなどをまとめてチェックする時間に充てています。

そして、便利な防水ケースも見つけたので、浴室のなかで安全に iPad は使える状態です。

 

なのですが、無線LANの状態には悩まされました。

あるときは、風呂のドアを少し開けたら電波が届くんじゃないか、とか試したりしたことがありました。

他、WiMAXを使っているときは、モデムをお風呂のそばの洗面台に置いたりとかしてましたが、お風呂からあがったらまた元の固定位置に戻すとか、とにかく面倒だと思うことをやっていました。

無線LANの「中継機」がちゃんと売っていた!

そんな面倒なことでも、慣れれば普通ということで、しばらくそれでやっていましたが、

WiMAXを止めたときに、ちゃんと調べた結果、この世には「中継機」なるものがちゃんと存在していることが分かりました。

ちなみに私がかつて使っていたものは、こんなに小型でシンプルなものでした。

これは、はじめは大活躍してくれましたが、

もともと使っていた周波数(2.4GHz)では、隣近所の電波からの干渉で、ネットワークが切れることが頻発したため、5GHzへ変更しました。よって、対応できなくなってしまったので、いま使っている中継機はこちらです。

無線LAN中継器

コンセントに直接差し込めるタイプです。

無線LAN中継器

これを脱衣所のコンセントに設置することで、浴室へも問題なく無線LANが届くようになりました。

脱衣所の無線LAN中継器

入浴時間にすることができる

無線LANの中継機があって、浴室でもiPad が届くようになると、何が嬉しいかというと、

健康面でいえば長風呂ができるようになる、ということもあったりしますが、私は、入浴中のときだけニュースサイトを見る、と決めていまして、それ以外の生活シーンでは、なるべくネットでニュースを見ないようにしています。

というのは、それをしてしまうと際限なく見てしまうからです。

こんなふうに「入浴時間だけ●●する」というような使い方もできるようになるため、

無線LANの中継機を準備して、お風呂でも使えるようにしておくのは、かなりメリットの大きなことだと思いますので、ぜひ中継機ライフを試してみてほしいと思います!

おすすめの記事