洗面台の歯ブラシ・髭カミソリ立ての決定版

皆さんは洗面台の歯ブラシはどこに置いているでしょうか。

普通は、洗面台に付属している歯ブラシ立てについているのではないでしょうか。

ただ、この歯ブラシ立て、結構ゴミが溜まりやすいのではないかと思います。

しかも、素材がプラスチックのような感じのものだと思いますが、いちど汚れてしまうと、なかなかその汚れが取りづらい状態になるのではないかと思います。

材質が洗面台とおなじ陶器なら汚れは簡単に取れる

で、どうしたものかと迷っていたのですが、洗面台の陶器であれば、スポンジでこすればすぐに汚れが取れます。

よって、歯ブラシ立ての汚れも、洗面台の陶器に付着するぶんには問題にならないと思い至るようになりました。

そして、それを解決してくれるのがこちらとなります。

ちなみにこれは、ロフトで買った商品となりますが、無印で有名な歯ブラシ立てと同じものです。

で、この商品、このように空洞になっているので、

歯ブラシを立てると、汚れは洗面台の陶器のところに着きますので、スポンジでこすればおしまいです。

歯ブラシ立て以外の使い方も無印よりロフトの方のものが良い

で、それならば無印の歯ブラシ立てで良いのではないかと思いますが、ロフトで歯ブラシ館の良いところは、空洞の穴のサイズが少し大きいところです。

比較するとこんな感じです。

わずかの差でしかないように思いますが、これによって、このように髭剃りのカミソリも立ててしまうことができます。

無印のものでは、ジレットの髭剃りは入りません。

ロフトものであればこの通り、すっぽり入ります。

しかも、種類として円形だったり四角型だったりするものがあるので、四角型を複数買うと、並べて整理することもできます。

洗面台に少しでも平のスペースがあるのであれば、この歯ブラシ立てを幾つか置くことで、歯ブラシ髭剃りといった小物がかなり整理できると思います。

ちなみに私は、四角のものを買わずに丸いデザインのものを買ってしまったのですが、少し後悔しています。

歯ブラシ立てはいろんな種類がありますが、このロフトの四角が、いちばん使いやすくて便利であるという結論に達しました。

同じような悩みを抱えている人は、ぜひお試しください!

ちなみにロフトで打っている商品はコチラとなります。