会社の健康診断で体全体に問題がなくて安心していても、よく忘れている箇所があります。

おそらく、会社の健康診断では「歯」は診てもらってないと思います。

なので痛みが出てきて初めて虫歯に気づくことが多いでしょう。

そして「歯」が痛くなった後だと、単に痛いだけに留まらず、ストレスとか骨格のゆがみとかにつながってくるそうです。

『虫歯になるとどうなる』

そんなわけで、虫歯予防は普段からしておきたいもの。

ということで、少しでも虫歯予防のために、普通の歯ブラシからプラスアルファでできることがあればやっておきたいものです。

そのアルファの部分で、電動歯ブラシを探していたのですが、コスパのいいものが見つかりました。

歯ブラシ

いい電動歯ブラシはバッテリ交換が高い

ちなみに私ははじめ、メーカーの有名な電動歯ブラシを見ていたのですが、それらの内臓バッテリー方式のだと、電池の寿命がきたときの交換が高くつくことが分かりました。

私が見たものだと、約8000円くらいでした。

なので、これはキツイと思って、電池式のものを探してみたのですが、単三電池の充電池で動くものを見つけました!

それがこちらです。

この電動歯ブラシ、1000円ちょっと安いですが、ブラシの部分が上位機種と同じものを使っているので、品質面は問題ない、という判断をしました。

ちなみにですが、この上位機種は、『歯科医推奨!・・・』というブログで3位で紹介されています。

充電電池と充電器は、普段使いできてコンパクトなもの

そしてこの電動歯ブラシは、電池は単三電池2本必要です。

で、毎日つかうものなので、しょっちゅう電池が切れるであろうことを考えると、充電電池という選択肢以外はありません。

私の普段づかいはエネループなのですが、さっそく追加で購入しました。

そしてこの際、2本ずつの充電になることが殆どなので、充電器も2本ずつ充電のコンパクトなものを購入しました。

ちなみにですが、この2本充電の充電器は、単4電池も充電できるというすぐれものです。

単4電池は、TVのリモコンなどで使っているため、これにも対応できる充電器ということで重宝しています。

専用のバッテリー交換という罠にははまらない

この電動歯ブラシは、電池交換が面倒といえば言えなくはないです。

ですが、専用のバッテリーのコストがとても高くて、むしろメーカーは、そのバッテリーで稼いでいるんじゃないかと疑問に思うような価格のバッテリーを、今後も交換し続けることを考えると、

安くて、しかもこの歯ブラシ以外にも普段づかいできる乾電池式の電動歯ブラシのほうが絶対にいいと思います。

もし電動歯ブラシが欲しいけど躊躇っている、という方は、是非この電池式の電動歯ブラシから試してみることがおすすめです!

おすすめの記事