歯間ブラシにも丁度よいサイズの歯ブラシスタンド

社会人になって、会社の健康診断を受けていると、そのなかに歯科検診があるかどうかは、会社によって違います。

私は、以前の職場では、定期健康診断のなかに歯科検診があったのですが、いまの会社では歯科検診はありません。

で、うっかりと歯科検診に行くことを忘れていて、数年ぶりに歯医者に行ったら、数は少ないものの深い虫歯が見つかってしまいました。

虫歯発見のまえの歯石除去が激痛

で、虫歯の治療はちゃんとしたのですが、今回、痛切に感じたのは、虫歯チェックをする前段階の歯石除去がかなりの激痛だということです。

私の場合は、数年間クリーニングをしていなかったので、歯石が本当に固くこびりついていたようで、これを除去するために器具を歯茎に突っ込まれて、口のなかは血だらけになりました。

なので、その経験から、歯科検診&クリーニングは定期的に受けたほうがいいと心の底から実感したのと同時に、

なるべく普段から歯石がつかないようにするべきだということも痛感しました。

歯石除去は、歯石が固くなってしまってからでは本当に痛いので。。。

歯間ブラシを置く場所がない

で、歯石がつかないようにするには、↓のようなアイテムを小まめに使う必要があります。

いわゆる「歯間ブラシ」です。

そして今となっては実際に使うようになっているのですが、これ、毎回捨てるものではないので、洗面台のどこかに置いておかなければなりません。

もともと私は歯ブラシ立ては、↓のアイテムを使っていたのですが、

これを流用しようと考えてみましたが、これだと歯間ブラシとサイズが合わなさすぎます。実際に立ててみるとこんな感じです。

実際に、このホルダーで歯ブラシと並べるとスペース的には結構もったいない感じです。

で、なにか丁度よいものはないかと、スタンドを探していたのですが、ほどよいものが見つかりました!

穴が浅くて歯間ブラシにちょうど良い

それがこちらとなります!

これ、穴が浅いのですが、歯ブラシが倒れるほではありません。で、そこに歯間ブラシを立ててみると、こんな感じです。

ちょうどよいサイズ感です。

しかもこのホルダー、穴が浅くて、底まで貫通しているので、洗浄するのもとても楽です。

軽く水でぬらしてティッシュで拭き取れば、十分にきれいになります。

髭剃り用カミソリも、種類によっては立てれる

ちなみに、髭剃り用のカミソリも、Schickのような柄の部分が細いものであれば、立てることができます。

なので、歯ブラシ・歯間ブラシなどと一緒に、これひとつにまとめて立ててしまうのであれば、かなりコンパクトにまとめることができます。

写真は、眉毛カッターも一緒に立ててみました。

というわけで、歯間ブラシなどのちょっと小さいものについて、ホルダーがないかお探しの方は、このホルダーは絶対便利さを実感できると思います!

ぜひお試しください!