一人鍋は栄養をバランスよくとるための切り札

一人暮らしをしていると、どうしても気になるのが健康管理です。

で、職場と自宅を往復する日々では、自炊にかける時間は、平日ではほとんど取れないと思います。

ただ、冬の寒い期間だけは例外で、とても簡単に自炊できる「鍋」という最強の健康料理がつくりやすい季節です。

この時期に「お鍋」からフルに栄養を吸い上げましょう!

一人用の鍋をどれにするか

というわけで、「お鍋」は積極的につくるべきだと思いますが、そうなると道具が必要になってきます。

「鍋」です。

で、私は、電気の一人用鍋を使っています。古いものとなりますが、これです。

ちなみに、ガスのカセッットコンロも考えましたが、実際に「火」が出ることを考えて止めました。

「火」を使うと目が離せません。

「火」を入れてから鍋が温まるまでの時間に、ビールや食後の口直しの甘いものをコンビニに買いに行こうにも、さすがに地震で落ちるとか考えると、そのまま外出することはできません。

この点、「火」ではなく「電気」であれば、燃えるということはありませんので安心です。

というわけで、電気の一人用鍋にしました。

鍋のスープの種類と具材

そしてスープですが、これは最近、スーパーで鍋の素が多く販売されてきているので困る必要はないと思います。

ただ、だいたいが2〜3人用ということで、量が微妙に多い/少ないということであれば、自分用のレシピを準備して、いつでも適量を作れる状態にしておくのもいいと思います。

私は、味噌鍋スープについては自分の味があって、最悪、それを使えば自分好みの味噌鍋が出来上がります。

ちなみに私の味噌鍋のスープのレシピはこんなのです。

* ウェイバー
* 生姜チューブ or ニンニクチューブ
* 味噌
* 酒➡︎母の味でもいいかも?
* コチュジャン➡︎濃厚にしたければ豆板醤がよい

材料があれば味を確認しながら作れるので、自分好みの濃さに仕上げやすくて楽です!

こんな感じで濃さを確認しながら作っていくのでした。。。

鍋は多少具材のバランスを崩しても栄養のバランスが欠けても使えると思う

ちなみにお鍋は、野菜・きのこ・肉をバランスよくいれて、その後のシメのうどんなどを入れるというものです。

が、たまにはこのバランスを崩します。

肉だけにして、しゃぶしゃぶにするのです。

カナダ産とかだと、日本産より安いです。

ちなみに味噌鍋だと豚しゃぶにすると、とても美味しいですが、豚肉のしゃぶしゃぶでポン酢で食べるのであれば、スープすら買う&作る必要すらありません。

ちなみに、肉だけの鍋(しゃぶしゃぶ)が続いても、添加物まみれのコンビニ弁当を食べるよりは全然健康的だと思います。

なので、ちょっといい肉でのしゃぶしゃぶなど、自分の好みを思う存分に満たして問題ないかと。。。

というわけで、一人用の鍋を用意して、寒い季節に「お鍋」で栄養をかぎりなく摂取しましょう!

↓のタイプの電気鍋だと、私が今使っている鍋の部分と周囲が分離できる洗いやすいタイプです!