しゃもじを汚さないように立てて置く方法

社会人の一人暮らしでは、たいてい晩御飯は外食になると思います。

仕事が遅くなることはもちろん、早く帰れたとしても、今のご時世、十分に低コストでそこそこの外食ができるからです。

とはいえ、お財布のことや健康のことを考えると、週末の土日などには、たまには自炊するタイミングもあるのではないでしょうか。

ただ自炊の過程のなかには、ちょっとしたことですが、解決できない悩ましいシーンがあると思います。

自炊で悩ましいシーン

料理を作ることと、食器を洗うことといった手間は当然あるので、ここは割愛するとして、

本当に悩ましいちょっとしたこととして、

ご飯を炊いたとき、お代わりをするまでの間に、しゃもじをどこに置くべきか、ということで困ったことがあるのではないかと思います。

炊飯器に立てかけておくわけにもいかず、このしゃもじのために別の器を用意するのも面倒くさく。。。

しゃもじを乗せるために茶碗を使ってみたりとイロイロ試してみましたが、そうすると、そもそもその茶碗も洗わなくいけなくなったりと、本当に解決策が見えませんでした。

便利グッズの名にふさわしい しゃもじ

そんな悩みがあるなかで、たまには自炊をしていたのですが、

とある定食屋の旦那が使っていて目から鱗だったのが立つしゃもじです!

20161126_060211144_iOS_800.jpg

正直、目にしたとき、ほんのちょっと工夫で、完全に悩みを解決できているこの見た目に、「便利グッズとはこのことだ!」と、感動しました。

しゃもじをどう立てるかではなく、しゃもじ自体が立つのです。

これでしゃもじが汚れないようにどこに置くか悩む心配はなくなりました!!