お風呂の床掃除には「重曹」ひとつあれば大丈夫

一人暮らしをしていると、お風呂はシャワーで済ますことが多いと思います。

湯船につからなければ、浴槽を洗う必要はないし、風呂の汚れを最小限に抑えることができます。

そのライフスタイルであれば、お風呂掃除も普通にやっていれば汚れるはずはなさそうなものですが、

気づいてみれば、床の汚れがついてしまっているのではないでしょうか。

こんな↓赤い感じの汚れが。

バスマジックリンでは歯が立たず

私はこれははじめ、普通にバスマジックリンで、スポンジでコスれば取れるものと思ってました。

が、それでは取れず、力を入れてこすったり、掃除の頻度を上げたりしてみましたが、汚れが落ちることはありませんでした。

そんなこんなで、なんとかこの汚れをとることができないかと思い、掃除方法を探してみたところ、いちばん楽そうなのが「オキシクリーン」で床をつけこむというものでしたが、

※参考情報:お風呂掃除「床編」!用意するのはオキシクリーンとビニール袋だけ

この「オキシクリーン」はコストコでないと売ってないか、Amazonで割高で買わなければならない、ということで、いつでも買えるもので掃除できるものはないか探していました。

身近で買えて、確実にきれいになるもの

で、いつもでも身近に売っているもので、ということで探した結果、「重曹」が効くことが分かりました。

しかもこの「重曹」、100円均一で売っています。

これを使って、ブラシでこするとキレイになりました。

Before

After

掃除の仕方

掃除方法はかんたんです。

まずは床をシャワーで濡らします。

重曹の粉を付属のスプーンですくって撒きます。

それをうすく引き伸ばします。こんな感じです。

ちなみに重曹は無害なので、素手でふれても大丈夫です。

そして床全体に広げます。

そして特に時間を置くことなく、ブラシで擦っていきます。

そうするとこんな感じでキレイになっていきます。

そして一通りこすったら、シャワーで全体的に重曹を流してしまって、このとおりキレイになります。

というわけで、年に一回くらいのことかもしれませんが、

お風呂の床の汚れが無視できなくなってきたときは、重曹&ブラシの組み合わせでキレイに掃除してみてください!