電子レンジのお餅づくりをマスターすると、朝食・夜食がヘルシーで腹が膨れて満足すぎる!

実家にいたころは、毎年のように正月は自宅でお餅をついたりして、お節料理やお雑煮のときに一緒に食べていたのではないでしょうか。

で、一人暮らしになると、自宅ではお餅を食べる機会はめっきり減ってしまい、年末年始に実家に帰ったときだけ食べることができるものになってしまったのではないでしょうか。

ですが、お餅ほど、食べやすいものはないです。

醤油をつけて食べると絶品です。

そしてこれが、ご飯(お米)を食べるのとほぼ同じなので、朝食や夜食にお餅をひとつ食べれることができれば、生活はとても楽に、そして健康になると思います。

そもそも餅を焼けない

で、なぜ一人暮らしの自宅ではお餅を食べないのかというと、

そもそも焼けないからだと思います。

実家では、鉄の網がついた道具でガスコンロで焼いていたのを思い出します。

こんなやつを使って。。。

これを使うと、焼く時間が長くて、一人暮らしの朝には、とてもではないけどお餅を焼いてられませんでした。

一方で、電子レンジを使えば500wで1分ほどで柔らかいお餅が出来るのは知っていましたが、

餅を皿においてチンをすると、皿に餅がへばりついて、洗うのが大変ということになります。

それで私は、自宅での餅から遠ざかっていました。

皿に餅がへばりつかなければいい

で、このほど、100均ではありますが、これがあればお餅が食べれる!という便利グッズを見つけましたので紹介しておきたいと思います。

それがこちらです。


※画像出典:http://happylucky.biz/living/kitchen/daiso-mochi.html

普通にお餅をそのままのせて、

電子レンジで1分ほど温めると出来上がりです。

見た目は、かつて実家で見たものとは全然違いますが、食べる分には全然問題ありません。

小皿に醤油をいれて、

ペロッと食べれてしまいます。

食べ終わるとこんな感じで、食器洗いは楽です。へばりついているのがパッと見では分からないくらいだと思います。

これで、朝ごはんのラインナップに「お餅」を加えて、パンなどに飽きてきたら、お餅にも朝食の範囲を広げられるようにしておきたいと思います!

しかも年末年始に実家に帰ったときに、親からの「お餅いる?」に対して、「たくさん」と答えることができるようにもなります!

お餅は、冷凍保存しておくと日持ちしますので、1日1個の朝食や、

夜食としても、油などが全然使われていないので、絶大な力を発揮してくれると思います!