[キャンプ]エアーマットの空気入れは出力が大きい方がよい

我が家は年に数回 キャンプに行くのですが、

そこでインフレーターマットの空気入れには、自動空気入れがよいことを発見して久しいです。

便利スタイルテントで使う エアーマットの空気入れはこれが便利すぎる

ただ、いつの頃からか、インフレーターマットの張りが、本当にこれでめい一杯なのかが分からなくなりまして、

たまたま一緒にキャンプにいったファミリーに、一回り大きいエアーポンプを借りてみれば、ちょっと違った感じだったので、我が家も、買い替えることにしました。

それがこちらです。

キャンプ_エアーマット_自動空気入れ

大きさが一回り大きい自動空気入れ

ちなみに、もともと使っていた空気入れと比較すると、これくらいのサイズの違いがあります。

ちょっと別の角度から見るとこんな感じです。

キャンプ_エアーマット_自動空気入れ

これでさっそく、エアーマットに空気を入れてみました。

エアーマットの空気入れに押しつけて空気を入れる

はじめ、エアーマットはこんな状態です。

キャンプ_エアーマット

エアーマットの空気入れの口がありまして、

キャンプ_エアーマット

こんな感じで、押し付けるようにして、スイっとオンです。

キャンプ_エアーマット_自動空気入れ

で、これでしばらく待ちます。

エアーマットの張りを比べてみる

で、せっかくの機会なので、もともと持っていた空気入れと比較してみました。

こんな感じです。

キャンプ_エアーマット_自動空気入れ_比較

写真の感じだと、目の錯覚レベルではないかと思われますが、右側のマットのほうが多少張りがよいように見えると思います。

実際に手で触ってみても、右側のマットのほうが張りがあります!

はい、というわけで、やはり自動空気入れは、出力の大きい方がより空気が入ることが分かりました。

次の買い替えがあるとしても、より出力の大きなものを買い替えていきたと思います!

おすすめの記事