記憶の糸_Apple Watch

私は長らくスマートウォッチには手を出さないで来ました。

スマホが iPhoneなので、買うなら Apple Watchなのですが、まずバッテリーの持ち時間が 13時間くらいと短いし、そもそも時計上で文字を見るためだけに Apple Watchを買うモチベーションにはなりませんでした。

ただ、時折 思ったのが、電話通知や LINEなどのメッセージ通知が分かるのであれば、それはある程度 便利であると思っていました。

なぜなら、私は、スマホの使用時間を極小化したいと考えているからです。

私は、通知が来ているかどうかを確認するためにスマホを見ると、ついつい別のアプリやニュースなんかを見てしまって、その後の時間が過ぎていくことを本当に時間の無駄だと思っています。

それが嫌だったので、通知だけが確実に分かるようになるのであれば、使ってもいいかな、と考えていたのですが、まだ買おうとまでは思いませんでした。

やっぱりあった方が便利だと思った瞬間

で、やっぱり買おうと思った瞬間はこんなタイミングでした。

私には 3歳の息子がいるのですが、土日なんかは外にずっと遊びに行きます。

で、その間、お昼ごはんをどうするとか、帰りの時間は何時になりそうとか、LINEなどで妻とやり取りをしたりします。同じ状況で、他に、電話での申し込みなどで、業者の方から、その時間帯に連絡がくることがあったりします。

が、これらは、殆どの確率で見過ごしていました。スマホはカバンの中に入れているのですが、子供と一緒に走り回っている状況で、小さな振動に気づくはずもありません。

しかし気になるので、自分からはちょいちょいスマホを見ます。「まだ来てない」で終わるのですが、このときの、スマホを取り出してロックを解除して…、という一連の作業が何度も繰り返されると、手間に思えてなりませんでした。

折しも、コロナでマスクをしているので、Face ID も使えず、パスコードが手入力というのもとても手間でした。

この "手間な感じ" がある飽和量を超えたのだと思うのですが、あるとき、やっぱり Apple Watchを買おうと決意しました。

※ちなみに通勤中は、ニュースの情報収集などの充てていて iPhoneはよく使っているので、通勤中だけだとそこまで Apple Watchの必要に迫られることはありませんでした。

Apple Watchを買って分かった便利さ

そしてついに買ったのがこちらです。

記憶の糸_Apple Watch

機種は「SE」というやつの、画面サイズは小さいものです。

基本的には通知機能しか使わないと思っていたので、少しでも小さくて軽い方がいいと思い、小さい画面サイズのものを買いました。

で、実際にLINEから通知が来たときに振動設定をしていれば、振動と共に下の写真のような画面となり、感動的に便利でした。

カバンの中からスマホを取り出さないで済むとうのは本当に快適です。

そして、使い始めて分かったことですが、究極に便利なのが、LINEの返信を音声のテキスト入力で出来てしまう、という機能です。

Apple Watchの画面で、マイクのアイコンをタップすると次のようなテキスト音声入力画面になります。

記憶の糸_Apple Watch

これで小さいな声で話すと、結構な正確さでテキストに変換してくれます。そして 完了ボタンをタップして完了です。

記憶の糸_Apple Watch

これ、なにが究極かというと、スマホを取り出す必要もなければ、文字を入力するときに歩きスマホ状態にすらならない、というのが最高に便利なのです。

もっと便利に Apple Watchを使うには3キャリアでないと出来ない

そしてここまで来ると、私はふと思いました。

iPhoneも持ち歩きたくないと。

で、さっそく Apple Watchのセルラー版を買えば、それが出来るようになるのかということを調べてみましたが、

よくよく読んでみると、残念ながら、Apple Watchのセルラー版は、3キャリア(docomo、au、SoftBank)の契約でないと使えないということでした。

私は現在は 楽天モバイルを使用しているので、使うことはできませんでした。残念です。

というわけで、、、iPhoneと Apple Watchは同時に持ち歩かないといけませんが、それでも十分に便利すぎると思います。

Apple Watchの購入を検討しているのであれば、踏み切っていいと思います!

おすすめの記事