ベビーカーを持って旅行するときは、ボストンバックのリュックが便利すぎる

私には3歳の子供がいます。

で、飛行機や電車で、子連れ旅行にいくときは、スーツケース+ベビーカーという組み合わせで行っています。

やはり雨でも地面が汚くても、自分から離して立てておけるスーツケースはとても便利だからです。

そしてベビーカーについては、コンパクトなベビーカーを買ったので、収納に困ることはなくなりました。

関連ブログ飛行機内に持ち込みできる便利な折り畳みベビーカー

が、やはりベビーカーを押しながら、スーツケースを動かすのは、かなり大変ということが困りごととして浮上するようになりました。

家族で旅行するときは、ベビーカーを押さないほうがスーツケースを2つ持つということをやったりしていますが、

親子のふたり旅(帰省など)などではそれもできず、そうすると右手でベビーカー、左手でスーツケースとなります。

これはかなり腕も疲れるし動きづらいので、私はスーツケースをやめて、肩からボストンボックをかける方式に変更したのですが、これも肩がつらく、

そのとき、目の前を通ったボストンバックを背負っている人を見かけることになってしまったのです。

ボストンバックのリュックがありました!

さっそく、時間のあるときにボストンバックのリュックを検索してみました。

いくつも出てきたなかで、いま使っているボストンバックの容量と同じくらいのもので探してみて、これに辿り着きました。

50リットルのサイズですが、肩から掛けるボストンバックとして使ってみるとこれくらいのサイズです。

これ、いつもの旅行に行くときのボストンバックのサイズ感ではないでしょうか。

そしてこれを背負うと、これくらいの見た目のサイズ感となります。

ボストンバックのリュック、死角なしと思われます!

これを買ってから、まだ子供とふたり旅をしておらず、飛行機や電車での長距離旅行もしていないのですが、キャンプで使ってみました。

そのときの写真がこれらとなります。

肩からかけるときは、背負うときの二本のベルト?を束ねて使うことになります。

こちらの写真が、それをしている状態が分かると思います。

そして、背負うとこんな感じですね。

ハッキリ言って、大容量を背負えるというのは本当に楽です。

ただし、後ろにかなり出っ張るので、電車に乗ったりするときは、後方に気を遣ったほうが良さそうということはあると思います。

というわけで、ベビーカーを押しながら、大容量の衣類などを背負っていきたいと悩んでことがある方は、是非、ボストンバックのリュックを試してみていただければと思います!

早く、子供と旅行をしたくてうずうずしている今日このごろでした。

おすすめの記事