AirPodsは電話会議が多い人に圧倒的に便利

私は仕事中、単純作業しかしないときはイヤホンで音楽を聞きながら作業をしたりします。

ただこのときに、他の人から声をかけられた時に気づけるように、片耳イヤホンを主に使ってきました。

そんなわけで、両耳のイヤホンは敬遠してきたのですが、

このほど、仕事で電話会議の機会が増えてきた時に、AirPodsを使っている人からの使い勝手を聞いて、買う決断をしました。

Apple AirPods with Charging Case (最新モデル)
Apple(アップル)

その基準となったのが、これらの内容です。

・耳につけたら自動的に電源オン
・耳から外せば勝手にプレーヤーも停止
・電話がかかってきたらそのまま通話
・歩きながら会議参加

耳につけたら自動的に電源オン

私がいままで使ってきた他のメーカーのものは、電源オンの操作が必要でした。

しかしAirPodsは、さすが同じメーカーの商品ということで、耳にかけたらすぐに電源が入ります。

些細な機能ではありますが、かなり便利です。

耳から外せば勝手にプレーヤーも停止

これは、「自動的に電源オン」の逆となりますが、同じように便利です。

耳から外すと、自動的にプレーヤーの再生を停止してくれます。

この機能は、聞いていたところから再開できる、というよりは、無駄なバッテリーの消耗を防げるのでとてもいい機能だと思います。

これまで、ワイヤレスイヤホンは外したが、iPhoneのプレーヤーを再生したままにしていて、気づいたらバッテリーが殆ど無くなっているという状態に何度か会ったので、そんな状況からはさよならできます。

電話がかかってきたらそのまま通話

そして極めつけがこの機能です。

仕事中の音楽聴きながら仕事をしていると、電話がかかってきたときに気づかないことがあると思います。

が、この機能があれば、電話がかかってくると自動的に音楽が停止して、電話に出れるようになります。

なので、電話の取り逃しが完全にゼロになります。

この機能が一番ありがたいと思いました。

歩きながら会議参加

そしてこの機能もとても便利です。

私は、子供がいて保育園のお迎えがあったりして、早めに会社を出ることが多いのですが、

このイヤホンで、逃すことが多い夕方の会議について、

電話会議として参加することが可能で、音を聞くだけであればなんの問題もありませんし、

こちらが発言する必要があるときも、このAirPodsを付けたままで全然普通に話すことができるのです。

これまで私は、iPhoneに付属している標準の有線イヤホンを使っていましたが、コードがない状態で、聞くことも話すこともできるというのは、体験してみてはじめて分かりますが、圧倒的に便利です!

というわけで、AirPods の購入を悩んだことがある人は、買って絶対に損はないと思います!

Apple AirPods with Charging Case (最新モデル)
Apple(アップル)
おすすめの記事