便利スタイル スマホケース 手帳型

皆さんは、財布や、定期券や、家の鍵の持ちわけをどうするか悩んだことがあるのではないでしょうか。

私も悩んでいて、ひとつの解決策を見出したのがこのブログです。

ここでは結論として、次のように分けて持つことにしました。

持ち物 入れ先
スマホ 単体で持つ
クレジットカード(定期券、電子マネー) キーケース
家の鍵
銀行カード 財布

ですが、このほど私がiPhone8に変えて、電子マネー(モバイルSuica)を使えるようになってから、上の3つに分ける方法はやや不便になってきたので見直す時期がきました。

便利スタイル スマホ 電子マネー

普段の持ち物を書き出して整理する

ここで今一度、普段の持ち物を整理したいと思います。

まず会社に行ったり外出するとき、これらのものは最低限持つことになります。

・スマホ
・定期券
・電子マネー
・キャッシュカード
・クレジットカード
・家の鍵

そして、電子マネーを交通系(Suicaなど)にまとめるとこうなります。

・スマホ
・定期券(電子マネー)
・クレジットカード
・キャッシュカード
・家の鍵

さらに、Suicaでは専用のクレジットカードに、定期機能・電子マネー機能を持たせることができるので、このようにしました。

・スマホ
・クレジットカード(定期券、電子マネー)
・銀行カード
・家の鍵

これで私は長いあいだ過ごしてきました。ちなみに私は、持ち分けとして、落としたときのセキュリティリスクを考えて、以下のようにしていました。

持ち物 入れ先
スマホ 単体で持つ
クレジットカード(定期券、電子マネー) キーケース
家の鍵
銀行カード 財布

  
これが冒頭の状態です。

電子マネーとクレジットカードは1つにまとまっていないと不便

ただ、私のスマホ(iPhoneSE)が古くなってきて、iPhone8に替えるタイミングが来てしまいました。

そしてまずはスマホ(iPhone8)に定期券機能を持たせました。

常に取り出せる状態なのはスマホなので、ここに定期機能を持たせると、普段の通勤のときに楽になると思いました。

そうすると思った通り、もう便利すぎて、これを止められなくなります。またスマホに交通定期券機能を持たせるということは、自動的に電子マネー(Suica)もスマホに移管となるので、次のような役割分担となります。

・スマホ(定期券・電子マネー)
・クレジットカード(定期券、電子マネー
・家の鍵
・銀行カード

そのときの「入れ先」はこうなります。

持ち物 入れ先
スマホ(+定期券、電子マネー) 単体で持つ
クレジットカード キーケース
家の鍵
銀行カード 財布

こうなると、お店の支払い場面でスマホの電子マネーを使うケースが増えてきますが、すべてのお店で電子マネーを使えるわけではありませんので、支払うときに、たまにクレジットカードを取り出すことがあります。

となれば、クレジットカードも、スマホと同じ場所にあった方が便利ということになります。

よって、スマホケースにカードが入るものが必要と感じました。

そうなるとこのような状態となります。

持ち物 入れ先
スマホ(+定期券、電子マネー) スマホ手帳型ケース
クレジットカード
家の鍵 キーケース
銀行カード 財布

入れ先の数は減ってはいませんが、スマホとクレジットカードが一体となることで、お店での支払いは、確実に楽になります。

結論、クレジットカードが入るスマホケースが必要になる

というわけで、スマホとカードを同時に持てるケースを探していたのですが、条件としては、カードが2枚入ることと、シンプルであることことです。

1カード2枚の必要性

私の普段使いのクレジットカードはJCBなのですが、JCBはまず海外では使えないのと、国内でもカード決済手数料をケチっているお店だと、VISA・Masterしか使えないところがあります。

本当は、VISAがメインカードであれば1枚でいいのですが、ポイント還元率の関係でJCBをメインとしているため、カードはJCB・VISAの2枚が入るケースがほしいとなります。

2シンプルであること

そしてシンプルであることについてですが、私の今回の手帳型に変えるそもそもの理由は、お店でクレジットカードでの支払いをすぐにできるようにするためです

ということは、すぐに開くことができて、すぐに閉じることができる、ということが条件となります。

つまりは、レジの前での動作を極力シンプルにしたいというものです。

そうなると、手帳型で閉じたときに、留め具があるようなスタイルのものは止めたほうがいいだろうと判断しました。

本当に、単純に開け閉めができるものが求められました。

一番コスパがよさそうな手帳型スマホケース

そんな条件で探してみたところ、このケースが一番コスパがよくて購入しました!

便利スタイル スマホケース 手帳型

薄さとしてはこんな感じです。見た目はとてもシンプルです。

便利スタイル スマホケース 手帳型

このケース、開くとこんな感じで、2枚のカードが入るようになっています。その下に紙幣を入れれる隙間がありますが、私はこれは全然使わないので、この部分がリッチである必要はまったくありません。

便利スタイル スマホケース 手帳型

ちなみに、このカードを入れる部分は、新品状態だと入れづらかったですが、使っていくと馴染んできます。

便利スタイル スマホケース 手帳型

そしてケースは薄いですが、これでも一応マグネットが入っていて、閉じている状態のときに勝手に開いてしまうというようなことはありません。

なので、カバンのなかに入れていても閉じた状態でキープされます。

最後に、価格が1200円(税込)ということで、仮に使ってみて失敗と分かってもお財布のダメージが少ないと言えます。

たとえば皮の手帳型のスマホケースだと、値段が5000円台、7000円台と上がってくるものがあるので、1000円台は格安だと思います。

というわけで、スマホに電子マネー機能を持たせて、そこに何らかのカードを持たせて、スマホと1つでシンプルに持ちたいときは、この手帳型のスマホケースを是非ご検討ください!

おすすめの記事