家の鍵は、大きくなく小さくないものにまとめて扱う

社会人になって、家と会社の往復を毎日こなしていると、自分が持っているものをできるだけ少なくしたり、まとめたりしたいということを考えることがあるのではないでしょうか。

私の場合は、所持品は、基本的には下の5つとなります。

  • スマホ
  • 財布
  • 定期入れ
  • 家の鍵
  • 社員証

で、このうちの一番不便だったのが、「家の鍵」でした。

私は車を持っているわけではないので、鍵といえば「家の鍵」だけです。

それをむき出して持っていて、カバンのなかのファスナー付のポケットに入れたりしていましたが、

これの出し入れが面倒でした。

鍵をなにかにまとめれないか

この「家の鍵」ですが、 毎日取り出すアイテムであるにも関わらず、なにぶん小さいので、落としたときに気づかない というリスクを何とかしたいと考えていました。

で、この鍵をなにかにまとめれないかと考えていましたが、セキュリティレベルの高いアイテムなので、以下のことを満たす必要がありました。

  • すぐに取り出せること

  • 持ち出すのに忘れないこと

  • 落としにくいこと

  • 落としてもすぐに気づくこと

そこでたどり着いたのがこちらのアイテムです。

他のものの要件と混ぜる

このアイテム、サイズはほんの少し大きいですが、ズボンのなかのポケットには入ります。

そして大きな意味を持つのが、定期券のみとまとめてあること です。

こんな感じです。

このキーケースが最大限便利なのは、キーホルダーと定期ケースが合体しているところです。

これまで何度か探してきましたが、なかなか見つかりませんでした。

というわけで、結果的に、このキーケース内には定期券と鍵しか入っていません。

で、まずはこのサイズなので、「すぐに取り出せること」はクリアされます。

そして、定期券と一緒にいれているので、「持ち出すの忘れないこと」もクリアです。定期券がないと職場にいけないのでこれを忘れることはあり得ないです。

さらに定期券と一緒なので、「落としにくいこと」ことは(無意識でも)気を付けています。

それから、そこそこサイズがあるので「落としてもすぐに気づくこと」ができます。

以上のことから、「定期券」と併せることで、自分のなかでセキュリティレベルが上がりますので、

「定期券」と「鍵」を別々に持っていて、別々にセキュリティレベルを高く扱う必要がありません。

ただ、セキュリティレベルが高いものを2つ持っていることになるので、扱いはくれぐれも気を付ける必要があります。

私は、ズボンのポケットに入るものなので、基本的にはポケットに入れたままにしています。

ポケットに穴があくことは殆どないので、ここに入れておけば、セキュリティレベルは常に最高の状態だと考えています。

持ち物の数が減った

これで、結果的に持ち物は、この4つになり、

  • スマホ
  • 財布
  • キーケース(定期券+家の鍵)
  • 社員証

しかも定期入れがズボンのポケットに入るのであれば、カバンのなかはこの3つだけになり、さらに軽くなります。

  • スマホ
  • 財布
  • 社員証

私は、スマホと財布は分けて持つことにしているので、当分これよりカバンのなかが少なくなることはないですが、

しばらくはこれで行ってみたいと思います!